Contemporary Art

Tanifuji Shigemi ART WORK

CONCEPT BASE


■ 理に適う
全てにおいて理に適った姿があるはずで、何かを行おうとする時ここに立ち返る。
■ 常識の危うさ
時代や環境によって常識は変化する、時には常識が正しい認識の妨げとなる。
■理解の誤解
ヒトはモノを自らの観念を通して見ようとする、「見えているモノ」があたかも「モノそれ自体」かのように思い込む。
■ 知の扉
モノを見る時に今までの観方から放れて「モノそれ自体」を正しく把握しようとする時に知の扉が開かれる。
■ 現代美術について
作品にふれることで観る者の観念が揺さぶられ「モノそれ自体」に触れようとする働きが起きる。
それこそが現代美術に求められている役割ではないのか。
          2020/10 Tanifuji Shigemi
CONCEPT BASE

profile


谷藤 重美 Tanifuji Shigemi
〒519-2429 三重県多気郡大台町高奈 1064
tanifuji@okuise.com
https://www.tanifujishigemi.com
1944 秋田県雄勝郡東成瀬村に生まれる
1967 主体美術展(東京都美術館)
1968 形象派展(愛知県美術館)
1970 名古屋駅前「青年の像」ENCOUNTER
2001 OKUISE WORK 設立
2002 テレビ朝日「人生の楽園」放映
2018 現代美術パドル展  津市
2018 OKUISE WORK にて個展
2019 PADDLE exhibition 松阪市
2019 現代美術パドル展 三重県立美術館


profile

Contact